スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪歩の仏蘭西救国記 第11話 ちょっとした解説 
長い期間空いてしまったのに、皆さん見て頂いてありがとうございます。
宣伝までして頂いて恐縮です。後、今迄気付いてなかったんですが
序章にも宣伝してくれた方がいたようです。この場を借りてお礼申し上げます。m(_ _)m

さて、毎度マニアックなネタを投げっぱなしで作っているせいで、
解説コメ等、皆さんのコメントにはいつも助けられています。
せっかくなので、自分でも今回のネタをいくつか軽く解説してみようと思います。

長いので以下格納で・・・


【ポール・レイノー≒日本人】
レイノーの親友だったアンドレ・モーロワの「フランス敗れたり」の一節(P.64)に由来します。
ジョージ6世の戴冠式に出席した時に英国将校からレイノーの事を
「あの日本人のような顔をした小男は誰です?」と聞かれたそうです。
それをどこかで聞きつけたダラディエが、レイノーをおちょくって発言したという形です。
ダラディエとレイノーは政敵であり、それぞれの愛人も暗躍しつつ
ドロドロの政争を繰り広げていたそうです。開戦後も・・・
ちなみにモーロワはレイノーを評価し、モネはダラディエの方を評価してます。


【機甲軍創設法案】
これは史実でもポール・レイノーが1935年頃に実際に議会に提出しています。
彼は戦前の議員では数少ない、ド・ゴールの機甲戦理論の理解者でした。
1935年の際は参謀本部が「論理と歴史に反する」と反対し否決されています。
HoI2のSMEP民主主義ランダムイベントで防衛戦略提唱というのが発生したので、
これにあてはめてみました。


【週40時間労働と有給休暇】
史実ではレオン・ブルムの最大の功績ともいえる社会保障政策の目玉でしたが、
モネやモーロワの回想では、この制度と軍需企業の国有化による混乱のおかげで
フランスの軍備生産が大幅に遅れる事になったと批判の対象となっています。
ドイツとの開戦後も工場が定時運用され、時の軍需相ドートリが激怒しています。
ちなみに、動画内では史実の人民戦線よりは中道に近い政権なので、
極右政党の解散や極端な社会主義政策は行われていないという設定です。


【ツール・ド・フランス】
自転車レースは全然詳しくは無いのですがPiyoCyclingManagerが面白かったのと、
せっかくフランスネタの動画やってるので、名前だけでもと出してみました。
(当時のレースやゴールの写真は探してありますが使いませんでした)
1937年のツール・ド・フランスは6月30日~7月25日まで行われ、
フランスのロジェ・ラペビーが総合優勝しています。
交通規制などは国家憲兵隊国家警察(どちらも内務省管轄)担当なので
やよい(内務大臣)のお仕事になると思います。


【アメリカ企業の対独投資】
IBMの初代社長ワトソンは実際にこの日付でヒトラーと会談し
平和への努力を約束させています。
その後のアメリカの対独投資にも影響力を発揮したようですね。
ムッソリーニに傾倒していたとか、ソヴィエトとも商談をしていたとか
中々突っ込みどころの多そうな人です。


【1984年】
オーウェルの「1984年」は前からやってみたかったネタでした。
真美が言っていた合言葉は、作品中に出てくる党(共産党がモチーフ)のスローガンです。
この作品、スターリントロツキーNKVDを思わせる危険なネタが数多く出てきます。
スペイン内戦で喉に怪我をする重傷を負い、この時期はパリで療養していたようです。
スペイン内戦へ参加した時の体験は「カタロニア賛歌」で描かれています。


【ゲルダ・タロー】
ゲルダ・タローロバート・キャパの公私に渡る相棒で、
キャパと共同で次々と内戦の写真を雑誌に載せ、フランス国内では中々の知名度でした。
タローという名前は、当時パリ留学中だった岡本太郎から取ったようです。
キャパは毎日新聞の仕事をしていたので、交流があったのでしょうか?
スペイン内戦ではオーウェル、ヘミングウェイ等の作家グループと親交を深め、
グンナー・ゴースラン(後の西ドイツ首相ヴィリー・ブラント)とも友人でした。
最後は乗っていた車に共和派の戦車がぶつかる事故で亡くなったそうですが、
スターリン主義派に暗殺されたという見方もあるようです。
色々と波乱万丈な人生を送った女性ですね。


【ジャック・白井】
函館出身の謎多き人、ジャック・白井さんです。スペイン内戦ネタで出したかった人です。
日本人の料理人だなんて、これは美希と絡ませないと駄目だよなーと。
密航でアメリカに渡り料理人として働いていましたが、共産党系の労働者グループと交流し
ファシズムとの戦いに参加すべく義勇兵となりました。
国際旅団の一つ、アメリカ人で編成されたリンカーン大隊に参加し、
戦場の料理人として重宝されていたようです。
動画内と同じく、マドリード郊外の戦いで炊事車を動かそうと陣地を出たところ
頭に銃弾を受け即死したそうです。


【サンテックスのマドリード戦線の記事】
彼の著書「人間の土地」のスペイン内戦マドリード取材のエピソードで語られた一節です。
サン=テグジュペリは北アフリカの砂漠で遭難したり、西アフリカで原住民と銃撃戦したり、
南米で郵便飛行したりと結構な冒険野郎だったようです。
モーロワやモネの回想でも彼についてちょっとしたエピソードが触れられていますね。
モネ曰く、トランプのマジックが得意で親しい人に披露してくれたとか。


【ヴェルナー・メルダース】
アドルフ・ガーランドと並ぶドイツ初期エース・パイロットでロッテ戦術の考案者でもある
メルダースですが、実は1937年の時点ではコンドル軍団にいません。
ガーランドとほぼ入れ替わりに1938年春頃参加でした。
なので、ここではまだ覚醒前といった感じです。
(初戦果を上げた空戦では相当舞い上がって無駄弾を撃っていたようです)
ガーランドも対地攻撃が主な任務で、ポーランド戦までは急降下爆撃をこなしています。
愛機もスツーカ以前の旧式複葉機だったとか。


【蒋緯国】
蒋緯国蒋介石の次男ですが実は養子です。
父は蒋介石の重臣、母は日本人の看護婦だったそうです。
この時期は実際にドイツに留学中でした。ミュンヘンの軍時大学でドクトリンを勉強し、
山岳猟兵の訓練を受け、国防軍所属の戦車指揮官として
オーストリア合邦やポーランド戦に参加しています。後に中国へ帰国して将軍となり、
アメリカの援助を受けた機甲師団(M4シャーマン)等を指揮したようです。
何でも出来る万能指揮官という感じなので、真の良いライバルになるかなーと。


【フランスの高級将校】
史実でもHoI2でも、あんまり役に立たない人達です。
ビョットベッソンはそもそもデータすら無いようですね。
ビョットは息子さん自由フランスの将軍になっており、そちらのデータはあるようです。
フランスの高級将校は大体が古典派持ちの今一な人達ですが、
史実ではプレートラ(プレテラ?)将軍はそこそこ有能な人だったようです。
戦前の机上演習でアルデンヌの森からの戦車部隊の侵攻が可能と予言し、
実際に後のドイツ軍と同じ作戦を披露したのですが、ガムラン司令官に
「いたずらに不安を煽る内容だ」と叱責されています。
また、プリウー将軍もフランスの数少ない機械化軍団の司令官として対独戦を戦い、
アニューの戦いではドイツB軍集団の装甲師団と激戦を繰り広げて、
連合軍のダンケルクへの撤退時間を稼ぐ事が出来ました。
HoI2ではこの2人相当評価が低いので、せめてスキル2~3の機甲戦持ち
とかにしてみたいところです。


【体操服】
この頃の日本には提灯ぶるまぁがあったようですね。
雪歩と真のエクササイズウェアはフェティッシュな感じがして、個人的には大好物です。


以上、ここまで読んで頂いてありがとうございました。

 
MOD作ってる時、ビョットという将軍が2人でてきたのでどうしてかなと思ってたら、まさか親子だったとは・・
しかし閣僚の方のビョットは、名前は息子のほうなのに顔は父親のものになってるんですよね。パラドの勘違いなんでしょうかね?
 
>>パラドの勘違いなんでしょうかね?

太宰がコロンビアにいたり、
アブルッツィ公とアオスタ公を混同してたり、
フランスで王政復古するとオルレアン家なのに
ジャン・ド・「ブルボン」だったりですからねぇ……
(ブルボン家だったらアルフォンスかアンリなのに)
吉田茂の同名画像違いの例もありますし、
探せば結構多いんじゃないでしょうか?
 
>カラーの人さん
パラドはわりとメジャーな国でも間違えたりしてますよね。
あと親子とか兄弟とか親戚とかで将軍だと分かりにくいです。
ダスティエ・ド・ラヴィジュリーとか父、兄、弟と同じ名前で
誰が元になってるのかさっぱりです。

>じーさん・ガリデブさん
オルレアン家というとパリ伯でしたっけ。
ダルラン提督暗殺に関わったとかいう黒い噂もありましたよね。
画像は結構違うの多そうですね、マイナーな国とかは特に・・・
フランスは将軍の階級とか能力とかも適当に付けられてる感じがします。
 
戦時中のパリ伯アンリに関しては以前、某所で盛大な誤爆を……

しかし、HoI2でのフランス国王って、
・顔写真はパリ伯アンリ(アンリ6世)
・名前はジャン(アンリの父、ギーズ公ジャンと混同?)
・姓はブルボン(オルレアン家じゃない!)
とまぁ無茶苦茶ですなw

38年選挙で王党派が勝ったら、かように突っ込みどころ満載の国王が
登場しかねませんので765党にはぜひ長期政権で頑張っていただきたく
 
> しかし、HoI2でのフランス国王って、
> ・顔写真はパリ伯アンリ(アンリ6世)
> ・名前はジャン(アンリの父、ギーズ公ジャンと混同?)
> ・姓はブルボン(オルレアン家じゃない!)
> とまぁ無茶苦茶ですなw

おお、これは知らなかったです。パラドも何だか適当ですね~
38年選挙も雪歩大勝利といきたいところですが、どうなるんだろw

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://tanisip.blog58.fc2.com/tb.php/37-75d16296

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。