スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WW2のフランス将軍 
フランスの将軍って・・・地味というか存在感0ですよね。
ぱっと名前が出てくるのもド・ゴール、ガムラン、ジローくらいでしょうか。
その他大勢の将軍達は活躍する事も無くドイツに惨敗したので、
自由フランスで活躍した人達以外は特に情報も無く・・・

ラフォン・シャベール(Lafont Chabert)将軍とか未だに見つからなくて、
「シャベール大佐」ばかりヒットします。HoI2だと貴重な機甲戦持ち大将(史実は中将)
なのになぁ、スキル2だけど。後、ガーチェリー大将が特殊戦持ちなのが謎です。
アルペン軍団(アルペン山岳猟兵)ってオルリー将軍が軍団長やってた様な。
逆にビル・ハケイムの戦いで外人部隊を指揮してロンメルの攻撃に耐えたケーニグ将軍
に特殊戦のスキルが無いのは何ででしょうね。

動画に使う為に上記のような将軍達の顔写真を用意したいのですが、
特に自由フランス以外の将校は本当にマイナーな人達が多すぎて探すのも一苦労です。
P名の元になったタシニ将軍もマイナーですよね。自分もHoI2で初めて知りましたし。

この写真とか見ても、他3名が凄すぎてちょっと見劣りしますね。
4general
左から順番に
バーナード・モントゴメリー元帥(英)
ドワイト・アイゼンハワー元帥(米)
ゲオルギー・ジューコフ元帥(ソ)
ラトル・ド・タシニ大将(仏)
1945年6月5日、ドイツ占領後の各国軍最高司令官の集合写真みたいです。

 
ド=ラトルはそんなにマイナーですかね?
ディヴァーズの第6軍集団傘下で仏第1軍司令官としてジームキーの「ベルリンの戦い」や
トーランドの「最後の百日」なんかで言及されてたような(歳がばれる)。

個人的にはフランスの将軍といえばウェイガンとアンツィージェいち押しですが。
 
どうもいらっしゃいませ~
おお、軍事関連お詳しそうですね。詳しい方から見れば
ご指摘の通り、タシニ将軍はそこそこ知名度あるのではと思います。

ただ、自分も含めてですが軍事にちょっと興味がある、レベルの人からすると
やっぱりWW2のフランスってド・ゴール、ガムランぐらいしか知らないんですよね。
アイゼンハワーは教科書レベルだし、モントゴメリーやジューコフは
それ程詳しく無い方でも聞いた事があると思います。
じゃあフランスの将軍は?ってなった時に、ある程度そういう映画や書籍に
触れてないと分からないのかなと。
自分の動画を見て頂いてる方の大部分は、タシニ将軍って初めて聞いたと思います。
だからそのレベルの視点からすると、どうしてもマイナーなのではと感じてしまうんですよね。

ウェイガン将軍はフォッシュ元帥の参謀長だった人、でしたっけ。
ガムランの前後に仏軍最高司令官やってましたよね。ガムランの後任の時は、
あの状態で引き継げと言われても酷な気がしますね。
勉強不足なのですが、アンツィージェさんというのは初めて聞きました~。
 
HoI2だとユンツィガーと呼ばれてる人です。
マクセイの「ドイツ機甲師団」だとウンチージェ、
パクストンの「ヴィシー時代のフランス」だとアンツィジェール……

和訳がバラバラなところが、確かに仰るとおり仏軍将星たちの
知名度イマイチ加減を表しているのかも?
ド・ゴールはどの本でもド・ゴールなんですがねぇ。
 
こんばんは。
自分もタシニさんという方をタニシPのシリーズで初めて知った素人でございます。
軍事には疎いものですが興味を惹かれる話題があったので横レスをしてみる~。

話題のアンツィージェとかユンツィガーとかいう将軍、この方ですなー(記事中の将軍データベース便利ですね)。
http://www.generals.dk/general/Huntziger/Charles-L%C3%A9on-Cl%C3%A9ment/France.html
フランス語はカタカナ表記から原型を想像するのは中々難しいですよね。
Huntziger、フランス語の発音テンプレに従うなら「ユンツィジェ」になると思います(ただググっても「ユンツィジェ」なんて書いてる人はいませんがw)。
この家名はスイスのHunzingenという村出身者のものだそうで、元はフランス語にとっても外国語なんですね、つまり純正なフランス語としてこれだという発音が辞書には載らないので翻訳者が仮名表記した時にさらにブレることに。
正しい発音はHuntziger家の人に直接聞くしかないかもしれませんw
 
>マイナー? #ZabzMRZQさん
ユンツィガー将軍の事ですか!なるほど、色々な呼び方がありますね。
手元の本を見直してみたんですが
「西部戦線全史」、「フランス敗れたり」、「電撃戦という幻」
全て、アンチチジェかアンチージェと表記されていました。

>マクセイの「ドイツ機甲師団」だとウンチージェ、
>パクストンの「ヴィシー時代のフランス」だとアンツィジェール……
おお、また気になる書籍情報が。ありがとうございます。


>てんやくP
どうもー、架空戦記支援の最新話見ましたよー
まさかアメーさんの写真が出てくるとは・・・思わず声が出ちゃいましたw

将軍データベース、wikiとかに無いマイナーな人まで乗ってるので重宝してます。
> Huntziger、フランス語の発音テンプレに従うなら「ユンツィジェ」になると思います
なるほど、HoI2CF訳+各種戦史本訳の合わせ技ですね。
てんやくPはラテン語だけでなくフランス語も分かるんですね、凄すぎます。

フランスの古典派将軍達をそろそろ出す予定なので
実際、Huntzigerの表記をどうするか悩みどころですね・・・
 
むふぅ、フランス語はとてもわかるとは言えないのですよう、
ラテン語の子孫の一つですしわかるべきなんですけども。
辞書なんかは持ってるのですがどうもフランス語の
ぼにょぼにょぉっとした発音があまりまやの好みじゃないw

>Huntziger
ごめんなさいフランス語の鼻母音のことをすっかり忘れてました。
今回のようにuが後ろの鼻音とセットの場合は[yn]ではなく
[œ~]という鼻母音になるとのことで「アンツィジェ」が正しそう。
お急ぎのところに無用なお騒がせをもたらして申し訳ないですorz
 
> ぼにょぼにょぉっとした発音があまりまやの好みじゃないw
あのラジオの声で脳内再現 されましたw

アンツィジェで良いんですね、ありがとうございますーとても勉強になりました。
フランス語の名前ってどう読むのか分からないのが多くて困りますね。

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://tanisip.blog58.fc2.com/tb.php/13-54ccf946

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。